喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



プロフィール

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



牡蠣小屋へ
 大岳登山後・・・・

 牡蠣小屋へ向かいましたが、途中地震で橋が壊れてたので遠回りして牡蠣小屋へ。

 車が多いなー・・・。
 堤防にも多くの人がいます。
 おそらく待ってる人でしょう。















 ある程度予想はしてたけどこれほど多いとは・・・!
 ノートを見ると1ページ半の待ち人。
 一応名前を書いて、どれぐらいかかる・・・・と聞いてみる。
 「分かりません。1時間半か2時間か?」
 そうでしょうね。分かるはずがありませんね。



 堤防の向こうには午前中に登った大岳が見えます。









 みんな「腹減ったー!腹減ったー・・・」
 「粟島神社のミニ鳥居をくぐるために朝飯を食ってこなかったのに・・・」
 などと・・・姦しい!!



 仕方がない!
 このあと小川町方面に行く予定なので、H女史御用達の有名な寿司屋へ・・・。








 ここも多くの人が待っていたが、どうにか30分ほどで座ることが出来た。


 かしまし三人娘?(あ~古いな-・・・、これを知ってる人は化石?)







 何が早いか聞いて注文。
 なんとかという名前だったが、出てきたのを見るといわゆる海鮮丼ですね。
 これが見た目より多くて食べきれない。










 満腹しすぎて次の地点へ。
 いまは、熊本地震で動かなった断層・・・(今後の地震予知?の為に)御船以南の日奈久断層・布田川断層のトレンチ調査があち こちで行われてるのですが、
 その一つを小川町で見てみようというわけです。
 が、この日は休みでブルーシートがかぶせてあって見ることが出来ませんでした。


 仕方がないので近くの鉄眼禅師の碑へ。






 ※ 鉄眼禅師は1630年熊本県小川町の生まれ。
   一切経の完全なものがないので、それを完成させるために全国を行脚。  
   10年かかって全6956巻の一切経を出版した。
   これは版木印刷であり、吉野の桜の木の版木6万枚を使って完成。
   この版木を積み重ねると阿蘇山(1592m)より200m高くなるらしい。 

















 帰りに御船のトレンチを見てかえりました。


 陰の左から左上に断層が見えます。
 見えにくいですね。逆断層です。



 この断層の延長が、向こうの小山の段々になってるところが断層崖です。
 







 熊本地震で動いた断層をいくつか残そうという動きがあるそうです。

 岐阜県の根尾谷断層(1891年の濃尾地震で出来た断層・特別天然記念物)は屋根付きで保存されており、近くの薄墨サクラとともに観光に役に立ってるらしいですが・・・・。
 













 
雪の韓国岳

 昨年12月から山に登ってません。
 そろそろ低い山なら大丈夫でしょう。

 雪に覆われた韓国岳に行ってきました。
 もちろん頸には固定器具(シネー)を巻いて。


 高速を降りてえびの高原までは雪は道路横に集められて、普通タイヤでも十分。

 この日は快晴無風でえびの高原をウロウロするだけでも十分な感じです。
 おまけに暖かい。
 エコムーミュウジアムセンターの駐車場からの出発です。


 向こうの右側のピークが山頂。










 登山口・・・・硫黄山(登山禁止中)を左に見て歩きます。

 どうやら登りはアイゼンは必要なさそう。
 下りはすべるので付けましたけど・・・。











 硫黄山









 この硫黄山を左に見て歩きますが、登山道の右側に新噴気孔が見つかってこの日市の職員がガスマスクを付けて調査してました。
 登山道はこの間にありますので、活動が活発になるとこのルートは歩けなく可能性がありますね。











 
 硫黄山の向こうに甑岳(ずーっと向こうに白髪岳、市房山が・・・)








 振り返るとえびの高原。










 景色を楽しみながらゆっくりゆっくりと歩いて行きます。

 

















 ちょっと腹ごしらえ










 桜島が見えます。




























 大浪池が見えてきました。
 その向こうに桜島。左側の遙か彼方に大隅半島が見えます。



















 新燃岳(登山禁止中)の向こうに高千穂峰










 ここの左上が山頂。

















 ちょうどお昼。
 昼飯だー・・。
 このグループは大浪池を見下ろして食べてます。










 この山ガールは高千穂峰を見下ろして・・・。
 ん?
 この人いつも食べてるよ!










 さー・・そろそろ降りるよう・・・!!








 こんな良い天気はそうは無いでしょうね。
  
 いい一日でした。





茶畑

 土曜日、山陰を中心に大雪だったようですね。
 
 とある所へ行こうとバスに乗って・・・。
 九州道は朝のテレビでも通行止めの情報はなかったのに、八女で通行止め。
 仕方がないので茶畑を見てかえりました。

 すごい規模ですね!!!





































今日のクヌギ林・・・・2月初め

 助っ人に頼んで12月に伐採したクヌギの整理。
 私は枝の整理。










 ホダ気にちょうど良いような部分は1mに切り2月末か3月初めには椎茸菌を打ちます。
  今のところ約30本ほどかな?

 残りは30~35cmの長さに切って薪にします。
 昔は約 40cmに切ってたのですが、長いと割るのに苦労するので歳とともに短くなってきました。




















 いまロウバイが満開です。















 木の整理はまだまだ続きます。

 夏までには終わるだろうか?

氷結? の四王寺滝

 痛みは薄れてきたけど痺れがとれないので薬が少し変わった。


 退屈だろ!
 荷物は持ってやるからちょこっと歩こうか?・・・という涙の出るような誘い。

 頸固定装具(シーネというらしい。あまりいい名前ではないなー・・・)をつけて杖を持ってついて行きました。

 英彦山の麓にある四王寺滝を見に行こうということらしい。







 別所駐車場は車も少ない。










 ここから奉幣殿へ向けて歩きます。









 奉幣殿











 この地図の梵字岩の右下あたりかな?








 奉幣殿から少し上がってあとは等高線にほとんど平行に歩きます。
























 雪が舞ってきました。
 蜘蛛の巣に雪がつきます。










 四王寺滝入り口。










 ここからは倒木や岩を乗り越えながら上がっていきます。










 border=








 暖かい日も続いたので氷結は無理だろうなー・・・と思ってましたが・・・・。










 雪の吹きだまりはありましたが、まったく凍ってません。
















 頸もダメ-ジはなさそう。

 12月から歩いてなかったので、いい歩きでした。