喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



プロフィール

cafeyan

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



太郎丸嶽・次郎丸嶽(天草)

 天草の山に行ってきました。

 今泉登山口から歩きます。

 この近くの概念図。










 ルート
 今泉~太郎・次郎分岐~太郎丸嶽~分岐~次郎丸嶽~小鳥越峠~今泉


 ルートはアバウトです。







 登山口周辺ではすでに田んぼ造りの「あぜばなし」が行われてました。
 さすが南国!

 しかし山の上にはまだ雪が残ってましたよ!










 西辺の集落を歩きます。


 右:太郎丸   左;次郎丸







 集落の中には標識が完備されて、迷うようなことは全くありません。


















 民家の壁には絵が描いてあります。
 上には富士山、下には次郎丸嶽。
 地域で愛されている山なんですね~・・・。










 いよいよ登山道に入ります。










 遠見平を過ぎると、太郎次郎の分岐です。










 私は太郎丸には登ったことがないので、右へ・太郎丸に向かいます。
 先日この山でイベントがあったので、登山道は綺麗に整備してありました。










 途中から見る今日のメインの次郎丸嶽。










 太郎丸嶽の頂上。
 このふたつの山は岩山です。










 メインは次郎丸なのですぐ分岐まで戻り、次郎丸に向かいます。










 次郎丸が顔を出しました。










 ここからはズーッと岩登りです。


















 最後の大岩。

 ロープを使って登ります。















 
 ザックが重たい??  あるいは他のところが重たい??







 弥勒菩薩を過ぎると頂上です。









 頂上。
 向こうは天草の海。










 ちょうど昼。
 昼飯を食べて下ります。



 多くの人は元の道を下るようですが、私たちは反対側の小鳥越峠に下ります。
 太郎次郎を一周しようというわけです。










 このルートは今はあまり使われていないのかな~・・・。
 以前二回ほど歩いたときは立派な道でしたが、今回はコシダが生い茂り道が分かりづらい処も・・・。










 このルートにはタラヨウが多かったですね~。
 葉書になるというあれです。
 葉が小さいとダメらしいので、葉書を書いてみようと思う人はご用心。










 1時間ほどで小鳥越峠登山口に降りてきました。










 天草街道へ出たのですが街道は歩かず、すぐに山の神ルートへ。














 初めは谷を歩きますが、すぐに良い道になり途中からは舗装道路になります。










 山の神神社を通って登山口へ。

 この一周ルートはなかなか良いですよ!
 天草街道もなかなかのものです。







  この日は天気も良くて暖かい一日でした。
  













 
千元の森嶽
 前回、福岡近辺の山に行く予定が大雪でパス。

 で、きのう行く予定がまた大雪でパス。

 結局、天草の山に行くとこになりました。
 観海アルプスを歩く予定でしたが、車の中で予定変更。
 西目海水浴場から千元の森嶽に行くことになりました。


 ルート










 西目海水浴場に車を止めて(①)、まず海水浴場近辺を散策。








 天草といえどもこの日は雪こそ無かったけど北風が身にしみる日でした。

 海水浴場・・・小ぶりなところで良いところです。
          駐車場も広く、夏はにぎあうのでしょうね。










 雲仙普賢岳は真っ白。手前は天草富士。







 三角岳も・・・。










 散策を終えて山登りです。
②(緑のルート)


 ルート図のロングコースです。
 民家の横から歩きます。










 入り口ははっきりしてましたが、だんだんとシダが生い茂り歩くのも難儀。












 道がありません。
 しばらく探しますが・・・・。










 どうにか赤テープを一個見つけるが・・・・その先はまたヤブの中。
 このコースは今は使われていないようですね。

 
 仕方がないので別ルート(ショートコース)③から登ることに。

 登山口はこの有料道路の向こう側。







 ここから左に登ります。
 尾根まではほとんど直登。







2018-01-24 180124水元の森岳Q10 020s





 尾根に出ました。










 初め歩こうとしたロングコースはここを通るので、少し戻ってみましたがシダが生い茂って道もはっきりしませんでした。

 ここから千元の森嶽へは尾根筋を真っ直ぐです。









 寒いけど天気良し。
 有料道路と三角岳。








 ここはシャシャンポ、ネズの木(ネズミサシ)が多い。

 シャシャンポ







 ネズの木











 低い山だけど岩場が結構あります。










 頂上です。
 ここで昼飯。



















 足元に次郎丸嶽が見えます。










 下りも岩場が面白いところです。
 青年の家に寄って・・・図の通り一周しましたが、千元の森嶽は普通は青年の家横から登ってモウセンゴケルートを
 下れば簡単です。


俵山の麓散策

 俵山には登ったことがありません。
 
 萌の里周辺には何度も行ったことがありますが、行ったことがあるのは一番下の鉄塔までです。

 先日ファミリーコースを歩くというのでついて行きました。(ファミリーコースそのものも知りませんでしたが・・・)











 萌の里・・・上の駐車場にはけっこう車がありますから、俵山に登っているのでしょうね。










 一番下の鉄塔。
 ここまでは何回か来たことがあります。







 輪地切りのあとには雪が目立ちます。






  ここから先ははじめて。










 ゴルフ場の手前に見えるX橋は地震で破壊されて未だに通れません。










 鞍岳には雪。










 岩場になってきました。










 岩場を過ぎると杉の植林地が現れます。











 岩場のピークを過ぎて下ったところから右へ回り、
隣の尾根を下って出発地点に帰ります。


















 登る途中の大きな岩も熊本地震でずれてましたが、地割れもまだはっきり分かります。


















 一周約2時間半くらいです。

 初めての者はファミリーコースのルートが分からないので、標識があると良いな~・・・と思ったところです。
白の世界をひたすら歩く・・・吉無田水源界隈

 きのう吉無田水源界隈を歩こう・・・と出発。

 日本中大雪で西原からの道も凍ってる。

 途中の車の中で、どうせ行くなら冠岳にでも登ろう・・・ということになり、
 ミルク牧場からくる道の四つ角を地蔵峠方面に曲がると・・・少し登り坂。

 スタッドレスタイヤを履いてるけど二駆の車で凍結の道路で滑って進まない。
 何度か試すが・・・無理ということになって・・・じゃー初めの予定通り吉無田だな?・・ ということになる。
 
 吉無田水源には下りになるので用心すれば行けるでしょう!

 この大雪で放置してあるトラックもある。


 いつもは水汲みでにぎあう水源には人影もなし。









 ルート
 水源から矢印に歩いて適度なところでグリーンロードを下り、十文字峠から水源へ。









 アイゼンをつけて水源から歩き始めます。
 真っ白な世界です。
 雪は20cmはあるでしょう!











 







 歩きながら昔読んだ富山和子の本を思い出した。
 「吉無田には江戸時代から面々と受け継がれている杉の植林地がある」という話です。

 その話をすると・・・・あるある、ほんならそっちへ行こうか?
 ちったーためになることせんとな~・・・。
 ほんならそっちへ行こうか?・・・・ということはほんとは別の道を歩く予定だったわけです。

 初めの予定はルート図の初めの紅い矢印の先から右へ曲がり(今は道がありますが図には出てません)
 林道に出てしばらく地蔵峠の方に歩いて適当なところ林道をそのまま引き返す・・・ということだったわけです。


 ということで予定はまた変更、図の赤線の方へ歩きます。
 ほどなく標識が現れます。










 富山和子氏によると
 『阿蘇山麓には水が無くて人も住めないし米も作れない。そこで村の指導者光永直次が1815年に植林をはじめて
 代々200万本以上植えた。よって水が生まれて水田を開き水は緑川の重要な水源となった。・・・・・』



 その杉林にも雪が降ってます。






 知識としては知っていたけど・・・・ここらで代々村人の山との戦いがあったのだな~・・と思うと・・・
 山歩きも良いもです。



 あちこちに杉林を見ながら延々と歩きます。



 





 竹に雪が積もって道を塞いでます。
 ストックで叩くと雪が落ちて・・・竹は元通りというわけにはいかないけど立ち上がります。

 高貴高齢者前後のオジサンやオバサンがキャーキャー言いながら叩いて遊んでました。










 林道も終わりです。
 ここから山の中に入ります。














 あちこちに白いミニモンスター











 まだまだ真っ白な世界を歩きます。











 昼頃になって腹も減ったし、ということでここらで昼飯!
 ばんざ~い!!










 なにしろ寒いというより、手足が冷たい。
 気温は零下!!
 雪は20cm。

 立って食べる人も・・・。










 長居は無用!

 帰りはグリーンロード。
 車も時々走ってきます。
 スリップしないようにね!!
 









 十文字峠から左へ。











 ここから谷筋に降りて真っ直ぐ水源へ・・・の予定をまた変更。

 尾根筋の緑の村方面へ。
 この道は私が歩いた事がなかったので・・・。
 何回変更したかな~・・・。
 ま~同じ地域なのでね。


 けっこう歩きました。
 雪の中なので普段の歩きより足に来ますね!!



 
初歩き・・・観音岳(菊池市)

 今年の初歩きの予定が延期になったので、どうしようかな~・・と思ってたら花友からどこか行こうという電話。

 雪山は素人だけでは危ないので、菊池の観音岳へ。

 登山口に車を停めると、雪が舞い始めましたが、登山道は木々の中なのであまり分からない・・。










 谷川沿いに歩いて行くと小さい木と板を並べただけの観音橋に出ます。




 向こうに渡ったところから谷を離れて右に行きます。










 初めは緩やかな道です。
 近くに青年の家があるためかどうか道や表示は整備されてます。










 しかしすぐに急登になります。
 頂上まで続きますが、1時間ほどで着きますからそうはきつくはありません。










 尾根出て、しばらく歩くと頂上です。



















 頂上は木が少ないので雪が吹き付けてきます。

 眼下には菊池カントリークラブ(今もこの名前かな?)



 






 昼飯には早いので、珈琲ブレイク!










 しばらく休憩して反対側に下ります。
 初めは急な下りです。

 足すくみ坂
 
 木の根っこがあるので思ったより下りやすいです。




















 降りたところから右に少し歩くと観音様の洞窟があります。






 鉄の梯子を登っていくと空洞があって、観音様が彫ってあるということですが、以前上がって覗いてみましたが
 よく分かりませんでした。










 元に戻って、さらに降りていくと天狗杉よ呼ばれている大きな杉に出ます。

 雪を避けながら、ここで昼飯です。

















 ここから観音池を通って谷川沿いに下れば、先ほどの登山口に出ます。







 一周したことになります。

 ただ登って下るだけなら2時間ほどで回れます。
 昼飯を食ったり、珈琲を飲んだりしても3時間あれば十分ですので、適度な運動になる里山です。