喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



プロフィール

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



作陶展・・・園田哲朗
 熊本城の桜は雨の中満開状態でした。

 観に行ったのではなく、熊本伝統工芸館二階A室からの眺めです。


 園田氏の器展を観に行きました。
 宇土半島の不知火に窯を構えてます。

 もともと粉引きをメインに造ってましたが、今回もすべて粉引き。
 粉引きは柔らかい肌と光がいいですねー。
 私も大好きです。










































 時間のある方はお出かけ下さい。

 今週いっぱいです。


 ここからの眺めだけでもすばらしいものですよ!


蒼土窯 前田和 草木㮈彩陶展
 ヒャー・・・寒くなりました。

 阿蘇は一日中粉雪とか!!



 前田和氏の陶展を見に行きました。

 草木を陶板に押しつけて焼き締める方法で知られてます。

 2011-12-16 111216和氏個展・スタッドレスR10 002








2011-12-16 111216和氏個展・スタッドレスR10 003








 前田和氏と作品

2011-12-16 111216和氏個展・スタッドレスR10 001







 氏の作品はあちこちの公共施設や病院など多くで見ることが出来ます。

 野の花に関心のある方ならご存じでしょうが、「九州の野の花」の著者・佐藤武之氏のお墓(高森町)に

 前田和氏の陶板がはめ込んであります。

 

 20日まで、鶴屋です。


2011-12-16 111216和氏個展・スタッドレスR10 004

秋の西原「陶・木工」巡り
 朝から雨模様のなか西原村に。

 たしか年二回ほど行われる各窯場一斉の釜開き。


ポスター


 今回は六つの工房が参加してますが、「マツタケ・ジュン工房」を訪ねました。


工房



 ここは主に粉引きと焼き締め。
 いくつか紹介しましょう。


 何に使いましょうか?
 焼酎御湯割り?
 花器でもいいよ。

器




 粉引きどんぶり

どんぶり





 これの使い道は?
 また焼酎?
 冷酒用?

器」





 これをどう使うかはあなたの感性が試されますよ

器




 大皿・・・・いまは紅葉が浮かんでますが、さて・・・
       パスタでも・・。
大皿





 ワインクーラー

ワインクーラー





 となりにはそば屋が併設されてます。
 そばを食べて帰ることにしました。

 やぶそば




 おろし山菜そば

おろし山菜そば


 いくらでしょうか?
 それが、申し訳ないけど・・・ごちそうになりました。

 ちょうど昼時、ちょっと忙しい時があり工房の店番を20分ほどしました。
 二人ほど販売しましたが、それも実質5分。

 いやー、申し訳ない。

 美味しいですよ。
 器を鑑賞して、お昼はおそば!・・・いかが。

 11月3日まで。
 スタンプラリーもあって、なにかもらえるようです。



続きを読む
谷人達の美術館・・・北里かおり アトリエ
 南阿蘇村ではいま村全体を美術館に見立てて、いろんな作家達の展示会が行われてます。
「谷人達の美術館」という催し物です。

 そこで高森の杉林を歩いた後「北里かおりアトリエ」を覗いてみました。

アトリエ


 稲が黄金に色づいている田んぼの真ん中にアトリエはありました。
アトリエ


 湯飲みやコーヒーカップなどの他、バオバブを模したオブジェが目立ちます。

アトリエ


作品


作品


 庭からは俵山の風力発電の風車が見えます。

風車