喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



プロフィール

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ブルーベリー
 下界の狭い庭に五株のブルーベリーを植えてましたが、混み合ってきて収穫もままならない。

 そこで、この春二株を嫁にやり一株はクヌギ林に持って行きました。

 残った二本に実がびっしりついて熟れてきました。










 が、太陽に当ててから収穫しようと待ってたら落ち始めました。










 あわてて大きなものだけ収穫。








 今日の収穫。
 さてどうしよう。
 とりあえずミキサーで蜂蜜と混ぜてジュースかな?





 嫁にやったのはどうかな??

 バアサンに虐められてはいないかな?


カット野菜は大丈夫?
 時々大型スーパーでカット野菜を買ってました。

 で、買うたびに思ってたこと。

 1,これら日本の野菜かなー・・・。

 2,誰が切ってるんだろう? おそらく機械だろうけど。

 3,数種類の野菜を一つのトレーに入れるのはおそらく人だろうな-・・・。
   しかし、日本人では無いだろうな-。なぜなら日本は人件費が高いから外国に出てるんだから・・。

 4,あまり美味くないな-・・。



 そんなとき「ブラックボックス」篠田節子著を見つけたので読んでみました。












 思ったこと!!
 もうカット野菜は買えないな-!!
 薬品処理はしてあるし(これは前から知ってはいたけど)


 作家はフィクションをフィクションとして書く。
 また作家はノンフィクションをフィクションとしても書く。もちろんノンフィクションも書くけど。

 篠田節子は相当な取材をしてるようです。


 新聞でも大手の会社が農業参入という記事を読むけど、それはおそらく野菜工場でしょうね。



 この本を読んで、そうだな-・・と思うも良し。そんなことあるかフィクション、フィクション
 と思うも良し。
 それは読み手が判断すること!


 わたしは少々農薬がかかってても作り手が分かる野菜がほしいと思いましたね。

 まして、カット野菜は買いたくないな-・・。
うなぎ
 今日は娘が帰ってきたので外メシ。

 プハーッ!



うなぎ

収穫
 一週間ぶりにクヌギ林に。

 目的はタラの芽。

 タラの芽






タラの芽





タラの芽と椎茸
タラの芽

 まあまあの収穫です。


 ここにはマムシもいっぱい。

 マムシの向こうの葉っぱはキツネノカミソリ。

マムシ






マムシ

 実を言うと以前はホントのマムシも非常に多いところでした。
 が、草刈りをしているうちにあまり見なくなりました。



アケビ
アケビ




アケビ


 隣のジイサンちのヤマナシの花が満開です。

ヤマナシ




 途中で寄ってきたヤマブキソウはもう少しです。

ヤマブキソウ



 さて、夜はこれでビール・・・じゃなくて第3の・・・・。

てんぷら

もも
 東京のU女史から今年も桃が送ってきた。

 山梨笛吹市のもも。


 それまで知りませんでしたが、山梨はモモの日本一の産地らしいですね。

 すばらしく大きな旨いモモ。


もも




もも



 女史はだいたいは東京が活動の場でしょうが、山梨にも家があるらしくいつも住所は山梨。

 「私が徹子の部屋に呼ばれるようになったとは!世の中変わったよね」

 とおっしゃるが、なるほどいつも硬い論文ばかりだからねー。

 でも近頃柔らかい本も書いてます。