喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

cafeyan

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



降り出しましたね-・・・!

 梅雨が本気を出す前に見た花たちです。

 
 トキソウ・・・もう終盤でした。


























クモキリソウ


























 イボタノキ・・・・樹皮上にイボタロウムシというのが寄生し、それが分泌する「いぼた蝋」が日本刀の手入れに使われていたそうです。










 ミヤマコナスビ


















世界でここだけの花を見に行った・・・・・

 世界にここだけしかない!・・・しかも簡単に行ける・・・となれば行くでしょう・・・!!!

 えびの高原にノカイドウを見に行きました。
 
 情報では今年の花着きはあまり良くない・・・とは聞いてましたが咲いてないことはないだろう。・
 しかし, すでに終わってました!!・・・・残念!
















 この花は花期が短いらしいのでしかたない。
 予定ではノカイドウを見たあと甑岳に登る予定でしたが、硫黄山の活動活発化で1kmの入山規制。
 これでは甑岳には登れない。










 しかたないのでノカイドウ自生地からそのままえびの岳に登ることにしました。
 この山は登るというより歩くという感じの、散策にはいい山でした。







 えびの岳は円形の火口縁を作っており、ぐるっと時計回りに回りました。








 ノカイドウ自生地の鹿児島への県道1号を左に見て登るというより散歩です。










 新緑のまぶしい林の中を歩いて行きます。



















 道筋にはヒメミヤマスミレが全盛期の様子でした。










 1200mくらいからキリシマミツバツツジ(おそらく)が顔を出してきます。















 ヒカゲツツジも少しありました。




 展望所からみた韓国岳と硫黄山。










 2月雪の韓国岳に登ったときには硫黄山の横を通って登ったのですが、ちょうどそのときに硫黄山が活発化してそのルートは
 閉鎖されたのでした。







 えびの岳の三角点。










 今日の花


 キリシマテンナンショウ



















 ハイノキ










 ツクバネソウ・・・・おやおやこれは今年初めてだよ。









 円形の火口縁を一周してキャンプ場に降りてきました。
 時計回りもよし、反時計回りもよし。
 なかなか良い散策路です。



わざわざ遠くに行かなくても・・・

 いつも草刈りのついでに阿蘇・久住などブラブラしてますが、そんなに遠くに行かなくても
 歩いて行けるような所にいろいろあるんですよねー・・・。

 今回は近場を歩きました。


 サワトラノオ
     希少植物・・・熊本では絶滅危惧ⅠAじゃないかな?




























 アザミ







 白はあまり多くないかな?










 クチナシグサ







 花の後・・・なるほどクチナシだ。










 トチノキ

















 コウホネ










 スイレン










 キタミソウ・・・・H先生が3月で辞められたそうで、どのように管理したらいいんだろう・・・・とボランティア   
          の人が困惑していた。
          貴重なものなのでねー・・・。










 セイタカナミキソウ・・・・・熊本ではじめて記録されたそうです。



 


 
レンゲツツジ

 群馬では県の花なってるように、関東以北では良くあるツツジのようですが、
 熊本では絶滅種(野生種絶滅)になってるようです。


 人吉の奥地、宮崎との県境に見に行きました。

 ここらでは百太郎ツツジと呼ばれて、いっぱいあったらしいですがいまは移植されたものが少数あります。

 色は柿色(朱色)と黄色があるようです。























 キレンゲツツジ















 ところが最近、レンゲツツジの古木が山中に発見されたということです。

 ということで、絶滅種から絶滅危惧種ⅠAになるらしいです。






 ここには100年以上になるホンキリシマ(キリシマツツジ)の古木もありました。
















二ッ岳・・・ヒカゲツツジ・アケボノツツジ

 この山には4~5年前行ったことはありましたが、どこにあるのかは忘れてました。
 天の岩戸神社の祭りがあってましたが、その前を通って行きます。
 連休ともあって人通りが多い。


 前回より手前に車を置いて歩きましたが、登山口付近にはすでに数台来てます。










 第一の登山口。
 第一と書いたのは上の方には林道が走っており、そこにも登山口と書いてあります。










 実は前回、ここで偶然ユウシュンランを見つけたんです。
 今回も探しましたが見つかりません。

 目的はツツジなので諦めて歩いてると、しばらくして山友が「これ何?」・・・・おー・・それそれ!!
 登山道沿いに一株ありました。(前回も一株)
 まだ完全には開いてません。








 


 踏まれそうだなー・・・と思って木で囲んで来ましたが、帰りも無事でした。
 今回も一株ということはなくなる可能性も・・・?




 まずサイゴクミツバツツジが出迎えてくれました。










 あとはヒメミヤマスミレ等を見ながら結構な坂を登っていきます。
 この山はずー・・・と急な登りでした。










 1時間半歩くと上の林道へ出ます。









 ここからが本番です。
 何台か車が止まってます。



















 急登が続きますがひたすら登ります。

 シコクスミレのところでちょっと一息。


















 
 ヒカゲツツジが現れます。
 坂道を上りながら写真を撮ります。
 降りてくる人の話でちょうど見頃らしい。






















 アケボノツツジも現れてきます。
 が、この山は圧倒的にヒカゲツツジです。

















 頂上付近から見た上岩戸大橋。










 約1時間で二ッ岳頂上。
 あまり広くありません。










 昼食のあと南峰へ。
 南峰の方が本峰より少し高いようです。
 今までより急な上り下り。










 急峻な崖にアケボノツツジが見られます。
















 南峰頂上。










 いくら撮っても仕方がない。
 目に焼き付けて下ろう。







 もう、この山も来ることはないだろうなー・・・と思いながら帰りました。

 そんなにいつまでもは歩けないだろうし、アケボノが見たかったら今度は別の山に行くだろうし・・・。

 初めてユウシュンランを見せてくれた山・・・またね-・・・と言いたいけど・・・バイバイ!!