喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

cafeyan

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



山なのに峠とは・・・・笹の峠

 峠という山に行ってきました。
 椎葉にある山です。
 山なのになぜ峠なのかは分かりません。
 昔は塩の道だったことと関係あるかもしれません。


 高速を人吉で降りて多良木を通り・・・・ここから少し間違ったな-・・・真っ直ぐ湯山に抜ければ良かったのに
 西米良を通って椎葉へ。

 江代山を右に見たり左に見たりと結構ウロウロしてどうにか松尾集落へ。

 それにしても椎葉の地は奥深い。
 道やナビのある現在でも大変なのに・・・。
 よくも平家はこんな所に来たものだ!!


 朝6時に出て登山口に着いたのが午後1時。
 7時間もかかりました。

 しかし、途中で水のしたたる崖でヒュウガアジサイらしきものを見ました。
















 ニワフジ?









 登山口に着いたのが午後1時なのでまず食事。










 午後1時30分、登山開始。










 初めは良い道だったがすぐにヤブの道。
 登山者はほとんどいないようです。
















 さらに登っていくと植林地に入る。
 ここに来ると草もなくなる。
 道はかって塩の道だったようで、人も馬も通ったのでしょう深く掘れており雨が降ると川になるのでしょうね。

 この道を歩いたり、歩きやすい植林地の方を歩いたりと登っていきます。
















 登山道沿いにはタツナミソウが多いが下の方は既に終わってる。
 それにすみれの種類が多い。
 春にはおもしろいだろうな-・・・。


 二つ目の林道を横切る。










 そして三つ目の林道が現れる。立派な舗装道路。

 実はここまでは車でも来られるんです。
 








 ここが第二登山口で、頂上まで15分の表示板。










 石碑がありました。



 「いにしえを、黙して語る峠みち、ぶなの巨木の、若葉さやけり」










 ようやく頂上。










 三角点は一等三角点です。










 午後4時です。ゆっくりも出来ずすぐ下山。

 結局登山口に降りてきたのが午後5時30分。



 来るまでに時間を使ったからね~・・。
 一番の近道は蘇陽から五ヶ瀬を通り国見トンネルを通る道ですね。


 しかし峠という山に初めて登りましたが、牛の峠(一等三角点)という山もあるらしい。





 今日の花

 ギンリョウソウ










 ピンクのギンリョウソウ・・・・・これは初めて見たな-。














 オオバノトンボソウ?










 シソバタツナミ









 そうそう、途中に蛇がいてストックでつついても木を投げつけても逃げるどころか向かってきた。
 マムシではなさそうだけど・・・・。






 やはり蛇は気持ち悪い。