喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

cafeyan

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



映画二題 
 昨年12月に「清洲会議」、

 年が明けて1月に「ハンナ・アーレント」を観ました。 


 「清洲会議」は信長が討たれた後の親分を決める会議。
 
 柴田勝家と羽柴秀吉の争いです。

 勝家は「正月には越前ガニを送るぞ!」「米を毎年送るぞ!」・・・・と、一票入れてくれという。


 秀吉は「おぬしの器量で今の領地は少なかろう?近江をつけるぞ。堺もつけようか?」



 史実かどうかは知りませんが、両方の性格を表現したのでしょうね。


 『教訓』

   褒美はドカーンとやるべし!












 「ハンナ・アーレント」はなかなか見せる映画でした。



 ユダヤ系ドイツ人のハンナはナチスの戦犯アイヒマンの裁判を傍聴します。
 彼女自身拘束された経験がありました。

 裁判で見たアイヒマンはごく凡庸な人物であの大量虐殺をした極悪非道な人間に見えません。

 ナチ擁護ともとれるハンナには非難が集中、大学も追われそうになります。


 その大学で満員の学生への「悪の凡庸さ」の講義が映画のラストシーンであり、ハンナあるいは監督が言いたかったことなんでしょう。


 『世界最大の悪は極悪非道な人間が行うのではなく、信念も悪魔的な意図もないごく平凡な人間が行う。

 それは思考を停止することから生じる。思考することに学問は要らない。考えよ!』



 これはナチスの時代だけの事だけでは無いでしょうね。

 「考えることを止めるな!」と言っていると理解しましたが・・・・。


    原発も!

    TTPも!

    秘密保護法も!
 

コメント

 「考えることを止める!」>オーム真理教もその一つの例えかもですね
[2014/01/22 16:50] URL | kigo23jp #GMs.CvUw [ 編集 ]

 思考
 kigoさん こんばんは

 歳をとると、もういいか!・・・となりますねー。

 しかし、それじゃーイカン・・・ということでしょうね。

 花の季節になると何もかも忘れてしまいますけど・・・。
[2014/01/23 19:42] URL | cafeyan #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kissa5.blog83.fc2.com/tb.php/1133-e87e7607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)