喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

cafeyan

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



土の記・・・・高村 薫

 高村薫はサスペンスモノの作家として登場した。
 私の好きな作家の中の一人です。

 ・リビエラを撃て(日本冒険小説大賞・日本推理作家協会賞)
 ・わが手に拳銃を
 ・マークスの山(直木賞)
 ・レディー・ジョーカー(毎日出版文化賞)   などなど。

 このように1990年代はめざましい活躍だった。
 この中でも私はレディー・ジョ-カーがおすすめ。


 このあと2000年に入ると
 ・新リア王
 ・太陽を曳く馬
 ・晴子情歌
 ・空海

 という風に、今までと違った人間と宗教・・・・・みたいな領域に踏み込んでいった。

 こうなると難しくなって私の頭にはなかなか入っていかない!!



 そして、最新作が「土の記」。





 主人公が地質の好きな72歳とあって・・・・これは読んでみようと上巻を図書館から借りてきた。
 奈良の棚田でくる日も来る日も耕して米を作る伊佐夫。
 交通事故にあった妻を16年間介護してなくしたが・・・・。
 読み進んでいくと事故に何となく不審な点があるのでは・・・と思われてくる。
 それに妻はどうも美人だったようだ。
 妻の妹も絡んでくる。
 そのことがどう関わるのか関係ないのかは下巻をまだ借りてきてないので分からないが・・・・。


 しかし高村薫の文体が読みづらくなった。
 大江健三郎ほどではないが、センテンスが長くしかも会話文は全くなし。


 でも・・・・下巻が早く読みたくなってきた。
 借りている人・・・早く読んで返却してよ!



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kissa5.blog83.fc2.com/tb.php/1743-71c034a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)