喫茶去  花のじかん野のじかん
               山野草や日々のあれこれ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

cafeyan

Author:cafeyan
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ブルーベリー・・・そして「グリコ・森永事件」

 下界の庭のたった二本しかないブルーベリーの実が熟してきた。
 









 熟してきたのは下の方だけで上の方はまだ青々。









 これが熟するとヒヨドリとの戦いが待ってるのだけど・・・・・。
 一昨年は食べられないように網をかぶせ、それで効果がなくて昨年はヒラヒラのテープをかけたけどダメだった。

 おそらく上の歩が熟してくるとヒヨドリの襲来があるでしょうね。
 もう諦めてます。
 昨年は一粒も口に入らなかった。





 今日は一日中本読み。

 「罪の声」 塩田武士









       もう分からない人も多くなったでしょうが・・・・「グリコ・森永事件」を題材に取った本です。
       30年以上経ったんですね~~~~。

       中身は書けませんが・・裏帯には「未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する」

 いつも思うけど作家の頭はどうなってるのだろうか???
 資料を読みこなして物語を作り上げる・・・・感服します!!




 「グリコ・森永事件」を扱った本に高村  薫「レディー・ジョーカー」があります。
 もう20年前に出版された本で毎日出版文化賞、このミステリーがすごい第一位お獲得した本です。

 この本を読み直そうと探すけど見当たらない。
 「罪の声」は昨年発表された本ですが、「レディー・ジョーカー」はそれ以前に読み直そうと思って文庫本を買っていたのが地震の 後の ごたごたのせいか・・・・どこに行ったのだろう・ 


 多くの場面は忘れてますが、最後の場面だけはよく覚えてます。
 また買うのもねー・・・。
 図書館で借りよう・・。

 さて・・・・どちらがおもしろいか???

 ん~~~ん!!

 今の時点で・・・やはり「レディー・ジョーカー」かな? 
 私には・・・ですよ!!
ヤマトキソウ

 梅雨にも長期休暇があるようです。
 私にはうれしいことだけど、困ってるところもあるでしょうね。

 きょうはチェーンソウのチェーンを買ってクヌギ林へ。
 N農機で、切れなくなった-・・・と見せたら、まー~よく使ったね-。
 もう無理だよ・・・と言われました。

 新品・・・これで先日買った手押し一輪車と同じ値段だから高いよね-・・・。










 今使ってる刃と比べると・・・ちょっと見にくいけど左の小さな三角がすり減った刃。
 右側の黒っぽいのが新品。










 一輪車と二輪車を廃棄するために軽トラに乗せて竹田へ。









 きょうは仕事の予定なし。
 このまま久しぶりに山吹水源近くの扇田経由でいつもの所にて昼飯。

 向こうの真ん中は祖母山










 いまどこでもオオヤマフスマが多いです。










 昼飯を食って外輪をウロウロしながら下山。



 ヤマトキソウ





























 その他の花

 カナビキソウ・・・なんだか少ないな-・・。










 レンリソウがまだ咲いてます。







裏英彦山

 どこか行ったことのない山へ行こう・・・ということになったのだが・・・。

 英彦山は何度か行ってるが裏英彦山は歩いてなかろう、ということになって行ってみました。
 豊前坊・高住神社からのスタートです。




 高住神社から時計回りに歩きました。

 高住神社~薬師林道~裏英彦山登山口~北岳直登入り口~ケルンの谷~南岳~中岳~北岳~高住神社


 高住神社




 神社を前に見て左へ舗装道路を歩きます。
 ウリノキ、アサガラなどが咲いてます。












 反対側から見た望雲台・・・・平べったい板が立っている感じですね。










 薬師峠駐車場から右の薬師林道へ入ります。











 薬師峠を越えて少し下ったところが、裏英彦山の登山口です。













 しばらくは杉林です。
 タツナミソウが見えます。









 しばらく上がるとまたタツナミソウ。
 しかし少し葉の様子が違うような気がします。







 歯の裏を見るとムラサキ色です。
 シソバタツナミでしょうか?










 あとは花も見当たらずひたすら登っていきます。
















 北岳直登入り口に来ました。








 ここから真っ直ぐ上がれば北岳ですが、すぐに左折します。
 地形図ではほとんど平行移動のような感じですが、結構アップダウンがありなにしろ日当たりが
 悪いので岩は苔むしてます。











 すべるのでなかなか進めない。
 ストックを用心しながらついて足を伸ばします。
 翌日は足よりも腕が痛かった。



 ケルンの谷につきました。
 小さなケルンがいくつも作ってあります。

















 ここから延々と急斜面を上がって中岳と南岳の鞍部に出ました。

 最後の登り










 ようやく英彦山神社が見えました。










 まず南岳へ。











 ようやくここで昼食。

 もう疲労困憊でここからはほとんど写真を撮る元気もありません。
 カマツカやヨウラクツツジが満開でしたが・・・・。

 とにかく高住神社まで降りなければならないので、みんな無言の行を行ってるかのように歩きました。

 この日会ったのは南岳での単独行の男女それぞれ一人ずつ。


 まず中岳へ。
 英彦山神社を見てびっくりです。
 地震でしょうか?・・・土台が崩れてます。










 簡単にお参りして中岳広場で小休止。











 北岳へ向かいます。
 途中からの神社と南岳。










 ようやく北岳。







 ここから高住神社へも結構な難所!!
 みんな無言。

 どうにか怪我もなく高住神社へ降りてきました。







 いやー・・・疲れました。
 山の中に7時間。

 たいした距離ではないのだけれど、裏道はコケの道で、岩は尖ってるしこけたら怪我は必至。

 そこで体力と神経を使いましたね~~。

 英彦山はそれほど登ってはいないけどもう卒業かな?
 北西尾根ならまた歩いても良いけど-・・・・。
きょうのクヌギ林・・・・一輪・二輪車・・コジュリン・セイタカスズムシソウ


 長年使ってきた手押しの一輪車・二輪車がほとんど同時に使えなくなった。
 10年も使ったから仕方がないな-・・・。










 きのう新しい一輪車を買ってきました。
 二輪車はまた後で・・・・。











 いま林ではナルコユリは終わってホタルブクロが咲いてきました。

















 一泊して今日下山しながらホソバシロスミレを探しましたが見つかりません。

 そこには既に大分の車が停まっていて二人先の方へ歩いてます。
 ここには良く車が停まってますが・・・。

 帰ろうと思ってたら今度は鹿児島の車が来ました。
 ご夫婦でした。
 見ると長いレンズに頸から双眼鏡が下がってます。
 鳥屋さんでしょうね。

 何を見るんですかと聞くと・・・・「コジュリン」と言う返事。
 もちろん聞いたこともありませんが、ここがこの鳥の南限で良い観察場所です・・・と言うことでした。
 あとで調べると・・珍しい鳥らしいですね。
 関東以南では熊本でしか観察されていないとか?
 そうか~~・・・それでここに車が多いのか~~~~!!


 奥さんは「では!!」と歩いて行かれましたが、旦那はまだ車の中。
 奥さんはもう行かれましたよ!・・というと
 「女房が大好きでしてね-・・・」といいながら首にはちゃんと双眼鏡が。
 
 いいですねー・・・・奥さんが主導権を持ってた方が何事も良いようですよ!!


 さー・・・明日は地区の大掃除。
 早く降りよう・・・。



 きょうの花。・・・・ちょっと前に見た花です。

 セイタカスズムシソウ





















 

 
きょうのクヌギ林・・・6月初め・・ナルコユリ・オオナルコユリ?
 梅雨入りです。
 うっとうしくなりますが、雨も必要です。
 ほどほどにね!!

 いまクヌギ林はナルコユリでいっぱい。















 よく見ると背の高いものと低いものがあります。

 これは普通のナルコユリ。
 高さは40cmほど。














 ここでは圧倒的に背の高いものが多い。



 スケールは1mですからまだ高い。






 1m50cmオーバーです。










 茎の大きさも全く違います。
 たんなる栄養の違い??







 オオナルコユリというのもあるらしいけど・・・・・。







 このあと近場を散策。

 マルミノヤマゴボウのようです。